« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

演奏会が近づいてきました。

2月8日の「第9回震災を忘れないメモリアルコンサート」まで2週間を切りました。

練習も特練をいれてもあと3回。

音の怪しいところの確認ももちろん必要です。鍵盤で1音ずつ確かめると新しい発見があることも多いです。ずっと間違えて覚えていたということも合唱ではよくある「あるある話」です。

しかし、合唱ですから兎にも角にもアンサンブルの練習が必要です。アンサンブルをするにはもちろん聞きあったりする事やあわせあったりすることも大切ですが、先ずすべきことは指揮をみてその通りに歌うことです。

泣いても笑っても本番まであと3回の練習。

悔いのない演奏を目指して頑張りましょう。

団員以外の読者の方は、寒い中ではありますが足をお運び頂く様お願い致します。

2015年2月8日(日)

西宮プレラホール

13時30分開場、14時開演

入場無料です。

2015年1月19日 (月)

阪神・淡路大震災20年

先日の1月17日は阪神・淡路大震災から20年を迎えました。

当たり前ですが、その年に生まれた赤ちゃんが成人しました。それほど長い年月が経っているのですが、私たちの記憶の中ではそれほど前とは感じられません。

揺れというより、下から突き上げられるような衝撃は生きた心地がしませんでした。 尼崎ではまだ被災としてはましな方で、神戸・西宮・芦屋の方では震災のみならずその後のライフラインが復旧せず、寒い中で不自由な生活が長く続きました。 同じ被災地でありながら、それほどひどくないところでは、得も知れない罪悪感があり、何かしなくてはいけない気持ちでいっぱいでした。配送ボランティアや引っ越しボランティアなど少しでも何かお役に立ちたいと動き回わりました。当時は多くの人が同じように感じ、「誰かのためではなく自分が何かをしたいんだ」という志で行動したと思います。

そういう思いを風化させないように続けてきた「震災を忘れないメモリアルコンサート」も9回目になりました。 継続が厳しい時もありましたが、続けてくることができました。 今年は防災にも少し話が及ぶ演奏会になりますので、皆さん足をお運び下さい。 よろしくお願いいたします。

「第9回震災を忘れないメモリアルコンサート」

2015年2月8日 午後2時開演

西宮プレラホール

入場無料

2015年1月12日 (月)

ビブラート

ビブラート。

歌を歌う場合にはよくつかわれる手法です。

プロの声楽家でも大きなビブラートを使われる方はあります。

逆にピーンと張り詰めた声で歌われる声楽家も多いです。

ビブラートは響きがあるように聞こえる場合はありますが、もちろんビブラートがなくても響きを出すことも可能ですね。

好みの問題もあるかも知れませんが、私はビブラートがない方が好きです。

多人数で歌う合唱ではいかがでしょうか?

ビブラートのある方が良いのでしょうか?

全員でビブラートをかけるとどうなるのでしょうか?

逆に一人だけビブラートがあるとどうなるのでしょうか?

個人で歌う場合は必要に応じて使うこともありだとは思います。

みんなで歌う場合には音程にも幅が出て、ハーモニーにも影響が出ることにもなります。

特にアカペラの場合にはてき面です。

たかがビブラート、されどビブラート。

ビブラートをかけずに歌うには息も多く必要ですので、余計に疲れることにもつながります。

楽をしていては良いものができません。

長い道のりが必要ですね。