« あまこんの歌声 | メイン | ビブラート »

2014年12月23日 (火)

CMYKとSATB

カラーのプリンターではCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)でいろんな色が再現できます。要するにこの4色のバランスで総天然色(古い表現ですが)が表現できます。もちろん、プリンターで無く、オフセット印刷でも同じ仕組みです。それぞれの色の濃淡を網点などでバランスよく出すことで色のハーモニーが奏でられるのですね。

合唱もSATB(ソプラノ・アルト・テナー・ベース)がバランス良く表現することで、本当のハーモニーが出せるのです。音の”総天然色”が出せれば良いですね。どのパートが欠けてもハーモニーは出せません。何事もバランスと協調が大事ですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/550880/33098607

CMYKとSATBを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿